News

最新情報

~おじいちゃんおばあちゃんになっても誰にでも自慢したい一日を創ること~ウェディングプランナー 樋口綾菜

  • Category : コラム
  • 2018.01.27
こんにちは。
おもてなし係の松本です。
先週は東京でも大雪となり、まだまだ雪が解けずに
冷え込む毎日ですね。
このような寒い日でも、Daiyuの各会場ではご結婚式のお手伝いをさせて頂き、
会場内はお2人をお祝いするゲストからの心温かいメッセージで包まれています。
本日はそんな心温まるご結婚式を日々担当させて頂いております、
萬屋本店でプランナーをしております、樋口綾菜をご紹介させて頂きます。

 

 

 

樋口は、長野県出身で、Daiyuに入社して間もなく3年目。
工業高校で建築を学び設計事務所に就職。
友人が結婚式会場を探していた際に見たゼクシィに載っていたパース写真を見て、
ここで働きたいと長野の結婚式場にてオープニングスタッフとして就職しました。

 

まったく畑違いの所ではありましたが、レセプション、サービススタッフ、キッチンスタッフなど
結婚式に関わる様々な職種を経験し、25歳で単身オーストラリアへ留学し
海外の文化を学び、長野に戻ってきてからも、今まで関わった皆様に恩返しをしたい想いから
ウェディングプランナーとして元職場に復帰。

 

そして30歳の節目に、「誰と一緒に働きたいか」を考えた時、
前職で一緒だった現在萬屋本店のゼネラルマネージャーを務める水間と一緒にと思い、
長野から鎌倉へ移動し、現在もウェディングプランナーとして活躍しております。

 

彼女が入社した時期は、萬屋本店の立ち上げ当初。
彼女の様々な経験とスキルを活かし、立ち上げメンバーとして
立ち回り、創り出す為には苦悩がありましたが
いつもひまわりの様な元気な笑顔がトレードマークの樋口がいたからこそ
今のチームが出来上がったのだと思います。
水間とは足して2の関係ではなく、個々の力を尊敬し鼓舞し合える
掛け算の関係で、倍の力を発揮できる、最強のコンビ。

 

そんな彼女が掲げるミッションは
「人生を豊かにする関わりをし続け、
おじいちゃんおばあちゃんになっても誰にでも自慢したい一日を創ること。」
これだけ本気で真剣にお客様に向き合い、妥協せず、お客様の目線に立って、
しっかりと寄り添えるプランナーであるからこそ、
彼女に出会う新郎新婦様は幸せな人生を歩んでいけると思います。

 

 

 

 

樋口は18年卒新卒メンバーの育成も担っております。
彼女の想いは確実に一人一人へと伝授されています。
その子たちの未来が今から楽しみです。

 

 

インターンのご予約はこちら⇒※詳細はこちらよりご覧ください

ブログ|鎌倉の歴史的建造物での結婚式・レストランならDaiyu.inc