Daiyuの価値観

もてなしとは
古き良き日本の様式美と、
崇高な精神性が息づいているもの。

01

場所じゃない、

誰とやるのか?

何をするのか、どこでするのか?よりも、
そのことを誰とやるのか?で物事を判断していきたい。

more
02

自社ブランドは

自分たちの手で
生み出すもの

ブランディングを構築するためのスタイリングこそ、
Daiyuの最大の強み。それが自社のノウハウとして存在する。

more
03

売れるか?ではない、

それが本物であるか

商品開発は流行に乗った一過性のものではなく、
本物で意味があるもののみを取り扱いたい。

more
04

お客様本位は

主従関係を超える

元請けか下請けかで力関係が変わるのではなく、
お客様へどのようにしたら感動を贈れるかを考えられるチーム

more
05

志が同じ人と

もてなしをしたい

何かをしてもらうためにその人にいてほしいのでなく、
理念に共感し、もてなしをしたいと思う仲間ともてなしをしたい。

more
06

結婚式は

人生の通過儀礼

結婚式が幸せのピークでなく、
新郎新婦の人生がさらに豊かになる節目であってほしい。

more

「おもてなし」という言葉があらゆる場面で使用され、
あたかも流行言葉のように、一過性の体をなしてきていることに疑問を感じる。
解釈さえもが一人歩きしている様に感じられるが、
私たちが貫きたい「もてなし」とは、日本の名旅館に象徴されるような古き良き日本の様式美と、崇高な精神性が息づいているものである。

それは、玄関先に打ち水をし、行き届いた掃除を行い、
その入口からいかにしてお客様を迎え入れるかに腐心し、
ありとあらゆる手段を講じて、お客様が気持ちよく過ごせるように心を砕いていく。

建築、庭、設え、うつわ、料理など、見た目にも美しいものを用意する。その美しさを形作るのは、そこにかける人の心でありたいと私たちは願う。

それが、私たちが貫きたい「もてなし」。

aiyu 代表 宮腰真里